Noa Ark ノアの方舟    カンボジアの子どもたちを応援しています
     現在、下記2団体でカンボジアの子どもたちを応援しています
勉強が たのしい!  
OO.D.A  Orphans & Disabled Arts Association
ノアの方舟 HOME > カンボジア TOP > ODAの紹介 > 子どもの家の様子

2008年2月 子供の家の様子

ある2月下旬の暑い日、ふらっと立ち寄った所が O.D.A 孤児の為の家でした。
現在十数人の孤児たちがここで暮らしています。
間取りは、向かって右が教室、その奥に寝床、左がアトリエ兼ギャラリーで絵の販売もここでしています。
その裏が台所です。
支柱は、木の棒か竹製、屋根は全て葉っぱで葺いてありますし寝床の壁も葉っぱです



料理は、近くの池で捕った魚をさばきます。
池には、住血吸虫が怖い。
右下に観えるのは台所です。
手前は、水を貯めた瓶です。もちろん水道施設は有りません。
井戸の水を貯め、泥を沈殿させて上澄みを生活用水として使用します。



そして皆でいただきまーす!
敷地内では犬と鶏が離れています。
カンボジアの犬は性格が穏やかです。
人が優しく接しているからでしょうね。



ここで寝ます
雨の日は、葉っぱで葺いた屋根から雨漏りがひどい
床は竹すのこです。
マラリア、デング熱、日本脳炎の元凶になる蚊も入ります。
電気もプライバシーもありません。



この教室で英語の授業が行われます
右:FREEDOM



まだ勉強には早いかな〜
でも元気に賑わしてます!



教室の横には、アトリエ兼ギャラリーが在り、ここで職業絵を教えていきます。
右側の青年は、ここで育ち、絵を描き、売ったお金を子どもたちの食費にあてて
います。
(後日この青年は、就職が決まって、月100US$というカンボジアでは画期的な給料を得ることが出来、施設外で暮らしています)
ちなみに、農村では月の現金収入は15US$程です。